検温顔認証端末プリンター

HOUSEI×シチズン・システムズだからこそ実現した「WID検温プリント」の特長

WID 検温プリントの特徴

受付の省人化を叶える、AI検温プリンター
「WID検温プリント」の仕組みと活用方法

AI顔認証検温端末【WelcomID】で検温後、検温結果と顔写真をプリンターに転送し、台紙のないラベルに印刷します。ラベルは貼ってはがせる再粘着ラベルなので、衣類など繰り返し貼ってはがせるラベルに印刷でき、貼り付けたものを傷めずにご使用いただけます。ラベルの有無を確認することで、検温済かどうかが瞬時に識別できるようになります。受付を自動化し、入口の混雑を回避することでスムーズな案内をお手伝いいたします。

基本仕様

安心!HOUSEIのサポートサービス
HOUSEI
なら、トラブル発生時もスピード対応!貴社をサポートいたします!

WID 検温プリント(※)の使い方
(※シチズン・システムズ社での販売名はCQ-S601ⅡR)

WID 検温プリント 設定モードの使い方

Previous

前のページ

Next

次のページ