VOICE OF HOUSEI
-HOUSEI社員のライフスタイル-

プロフェッショナルサービス事業部第1開発部2グループ Iさん

【性別にとらわれずに育休を活用する】

HOUSEでは男女問わず育休制度を活用できるような社風を築いています。システムエンジニアのIさんは、奥様の第1子出産に伴い、1カ月の育休を取得しました。育休を取った時の周囲の反応や、実際に育休を取ってよかったことなどお話しを伺ってみました。

―IさんがHOUSEIに入社した経緯と、仕事内容を教えてください。

大学で機関誌を出版するサークルに所属していたので、出版・新聞系への就職を考えたのは自然なことでした。就活エージェントから、出版・新聞関係のシステム構築に強いHOUSEIを紹介され、エントリーしたところとんとん拍子に選考が進み、内定をいただけた次第です。仕事は、システムの新規開発、マイグレーションなどの要員をこなしています。システム保守から設計、開発まで幅広く担当していますね。

―Iさんの育休取得が決まった時のことを教えてください。

 1カ月の育休を取りたいと伝えたのは、育休希望期間の4カ月前です。上長に相談し、許可が下りたのでその後正式に申請しました。上長に伝えた時も、特に摩擦などもなく、すんなりと育休取得希望を快諾してくれました。社会的にも育休の制度が変わったこともあり、会社全体で許容できる体制もより整いつつあるタイミングだったのかもしれません。関わるプロジェクトも丁度ひと段落する時期でしたし、1カ月の育休は思った以上にスムーズに獲得できました。

―実際に育休を取られていかがでしたか。仕事に復帰した時の様子も教えてください。

本当に育休を取って良かったなと感じました。新生児って、1カ月でかなり成長するんです。今しか見られない貴重な時期に、妻と一緒に見守ることができて嬉しく思いました。改めて職場の皆さんに感謝もしましたね。掃除や料理など、家事を積極的に行うことで体力の落ちた妻の負担を減らすように心がけました。育休後の仕事復帰も、特に困ったことはなく自然に職場に戻ることができました。

-IさんにとってHOUSEIはどんな会社ですか。

 入社当時から印象はあまり変わっておらず、自由な社風は大きな特徴だと思います。私が育休を取得したのは一例ですが、仕事の面でも「こうしたい」と意思や要望をしっかりと伝えられれば、実現しやすい背景があると感じますね。新しいことに次々とチャレンジしていく企業ですし、まだまだ成長途中の会社だと思います。もちろん課題や弱みもありますが、同じくらい強みもある魅力的な企業だと感じています。上場を足掛かりに、業界にさらなる影響を与えていきたいと、会社の一員として考えています。

―仕事やプライベートで、今後チャレンジしたいことなどありますか。

入社10年目に差し掛かるので、中堅社員として後進の育成と、会社を引っ張っていくリーダーとして自分自身も成長していきたいですね。プライベートでは、子供が生まれたばかりということもあり、今は子供を育てていくことで頭がいっぱいです。何か子供と一緒に成長できるものを見つけたいと思います。